趣深山ブログ よもやま編

趣深山です。四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です。 (C)since2002 趣深山 (shumiyama@gmail.com)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一山越えて また一山

--------------------------------------------------------------------
一山越えて また一山
--------------------------------------------------------------------

一山越えて また一山
18-2006-11-03-09-58-480_145.jpg
平成18年11月3日 撮影

分け入っても分け入っても青い山
山頭火

一山越えて また一山。 

やっと山頂にたどり着いたら まだ先がある。その先も まだまだ山並が連なる。
 
山登りで 前向きに 目標をもって 常にそれに向かって進んでいくことは とても難しいことだ。

過去 幾多の試練を乗り越え 素晴らしい登攀を成し遂げてきた 傑出した登山家 山野井泰史氏。

現状に決して満足せず 更に 先へ先へと向かう そのひたむきな 山に取り組む姿勢、考え方などに いたく感銘する次第だ。 




山野井泰史氏

「どこかを目指さなければ落ち着かない性格になったのは何時からだろう?一年中、頭の中は山や岩のことを考え、身体のほうは登りたくてうずうずしている。




毎回いろいろな事を山やルートに期待して出発するが、終わってしまえば何かが物足りなかったり、理想のスタイルで登れなかったりと どこかが いつも不満足だ。本当に心の底から楽しかった、面白かったと思える場所がよくよく考えてみるとみあたらない。例えば自分自身にとっても限界に近いと思われる登りに挑戦し、仮に成功しても気分の良い余韻にひたれるのは長くて1日といったところである。もっと上の課題に挑戦すればよかったのにと、後悔し始めるのが常だ。」

山野井泰史 『日本の登山家が愛したルート50』
岳人編集部編 東京新聞出版局 2006年4月


--------------------------------------------------------------------
2007年4月12日 第1版制作


--------------------------------------------------------------------
一山越えて また一山

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2008  趣深山 All Rights Reserved
[ 2007/04/12 09:04 ] 自分の山歩き | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。