趣深山ブログ よもやま編

趣深山です。四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です。 (C)since2002 趣深山 (shumiyama@gmail.com)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

矢筈山(1848) 遠望

--------------------------------------------------------------------

矢筈山(1848) 遠望

--------------------------------------------------------------------

見える山。矢筈山(1848)

矢筈山(1848)は私の住んでいる讃岐平野から遠望して見える山である。

山頂からだと距離46kmくらい離れた高松市内の そこそこの場所からでも、 晴れ渡って 澄みきった 状態だと肉眼でもしっかり見え 山頂付近の積雪状況なども ある程度 把握することができる。

下から見えるのであるから 天候に恵まれた日に 矢筈山(1848)山頂へいけば当然、讃岐平野や中国地方など までしっかり見え 素晴らしい眺望が楽しめる。

書物や地図、口コミなどの情報で山に行くのも良いが、まずまず普段生活しているところから見える近くの山を眺めてみて、山への憧れとか想いを醸成させていって、実際に登ってみる。

見える山を登るというのは、とても単純で素朴な発想だが、山との関わりを深めるためには とても大事なことである。

矢筈山山頂から見える範囲を カシミールの可視マップであらわしてみた。


--------------------------------------------------------------------

矢筈山(1848)の可視マップ
 
1-20070326-yahaz480.gif




矢筈山(1848) 一発判定! 徳島編

2-yahaz20-3-480.jpg

カシミールを利用して矢筈山(1848)の可視マップ。
徳島市周辺をもっと詳しく可視マップで眺め、一発判定してみた。
3-200703254yahaz_tokushima_48.jpg
眉山など 高いところへ登れば視界はグッと開けるが 一応 平地で見ることにした。
吉野川大橋 (国道11号線)から眺めてみる。

4-hantei-tokusima-yoshino-br4.jpg
平面距離57.8km (沿面距離 62.2km)
方位 251度 

5-yahaz_tokushima_480.jpg
天気が良く 澄み切っていないと よく見えないかもしれない。

6-yahaz_yoshinobr_kash480.jpg



矢筈山(1848) 一発判定! 松茂編

徳島市周辺部で松茂町役場周辺で一発判定してみた。
7-kash_map_matushige480.jpg
可視マップで色のついているところから 矢筈山(1848)が見える。

国道11号線で橋梁部(新広島橋、加賀須野大橋)など地面から高いところがあるが、
平地での地点として 松茂町役場を選定しました。
8-hantei_yahaz_matusige480.jpg
距離 60.6km (沿面距離 64.0km)
方位247度

9-matushige480-1.jpg

10-matushige_kash480.jpg

11-hunakubo480.jpg

高越山(1133m) と奥野々山(1159m)の間にある 船窪ツツジ園のあたりが視界のラインになる
赤いラインが松茂町役場と矢筈山(1848)を結ぶライン
このように いくつかの山々が 可視マップに 反映されて あらわれていることが分かる。





矢筈山(1848) 一発判定! 高松編


矢筈山(1848)の一発判定。第三弾!高松編
徳島県三好市と 美馬郡つるぎ町にある 矢筈山(1848)を高松市内から阿讃山脈を越えて遠望してみる。

合併で広くなったが、高松市内での遠望ポイントは、あへて一般的な所として高松市市庁舎とした。

12-yahaz-takamatsu10.jpg

13-20070325-yahaz-takamatsu480.jpg

一発判定
方位 188度
距離 46.8km (沿面距離 49.4km)

14-yahaz_takamatsu135_2.jpg
135ミリ

15-yahaz_takamatsu300.jpg
300ミリ

16-yahaz_takamatsu500.jpg
500ミリ


手前の 阿讃山脈の山稜と重なって見えるので 阿讃山脈の山稜をよく頭に入れておくと、 
この先の矢筈山系の山稜と阿讃山脈との 区別がよくわかるようになり、見える範囲も拡がり、
晴れて 澄み切っていれば 矢筈山 北面の積雪状況も確認できるるようになる。

10mメッシュ標高で矢筈山(1848)を遠望 (高松編)




Google Earthで 遠望

GoogleEarthで 矢筈山(1848)を遠望してみる。

17-20070326ge1-480.jpg

徳島市吉野川大橋 矢筈山(1848) 間
平面距離57.8km (沿面距離 62.2km)

18-20070326ge4-480.jpg
松茂町役場 矢筈山(1848) 間
距離 60.6km (沿面距離 64.0km)


19-20070326ge-takamatsu480.jpg
高松市市庁舎 矢筈山(1848)間 
距離 46.8km (沿面距離 49.4km)

20-20070326-yahaz480.gif

21-20070327ge2-480.jpg

22-20070327ge1-480.jpg


Google Earth


--------------------------------------------------------------------

2007年3月26日 第1版制作
http://shumiyama.web.fc2.com/yomoyama/yahaz_enbou2007.html

--------------------------------------------------------------------

HOME>よもやま話>矢筈山(1848) 遠望


http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2008  趣深山 All Rights Reserved
[ 2007/03/26 06:58 ] 遠望 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。