趣深山ブログ よもやま編

趣深山です。四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です。 (C)since2002 趣深山 (shumiyama@gmail.com)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サバイバルもの I Shouldn't Be Alive と Dual Survival

20131019_4121.jpg


サバイバルもの I Shouldn't Be Alive と Dual Survival

I Shouldn't Be Alive DVD計6枚

サバイバルのテレビドラマだが 実話を元にしているだけに よく出来ていて とても参考になる。


絶望的な 状況に追いこまれた 遭難者が 生存への望みをいだいて どのようにして サバイバルして 生き抜いて生還していくか。


山岳地帯 ジャングル 砂漠 大海原 無人島 極北 洞窟 火山など とても 困難な状況のなかで 丸腰で放り出された遭難者。

しかも 病気 ケガなどを負って とても 生存できない絶望の中からも 生きるという意志の力で 必死にもがいて なんとか 生き抜いていく。

一言で言えば サバイバルとは生き抜くという意志が一番大事なのだ。


また
別の サバイバルもののシリーズ

Dual Survival

Dual Survival "Shipwrecked"

http://youtu.be/YEvgO07-WOk


Dual Survival - S01E07 - Split Up

http://youtu.be/Jv4bQWO6NgQ


Dual Survival - S01E08 - Soaked

http://youtu.be/NXuSGaiQfGw


こちらは 二人の プロフェッショナルなサバイバー(一人は軍出身 一人は先住民の知恵を活かしたnaturalist)がいかに 困難な状況下で生き抜いていくか。

二人共 survival instructorで サバイバル教室で教えている。

I Shouldn't Be Aliveは一般的な人の遭難だが Dual Survivalは サバイバルの模範演技といったところで、一般者の遭難とは困難度のレベルが違う。

興味深いのは 二人のサバイバー の生き抜く手法の違い。

とくに 原始的な手法が 困難な状況下のもとでは 絶大な威力があり いかに有効なのかよくわかる。

二人を対比させながら話を進めているので とても 面白く拝見できる。


スポンサーサイト
[ 2013/10/19 22:43 ] 生き抜く | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。