趣深山ブログ よもやま編

趣深山です。四国 剣山 三嶺 天狗塚 周辺の山域での山歩きについての話題です。 (C)since2002 趣深山 (shumiyama@gmail.com)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「くもとり号」昭和41年(1966年) 6月5日

1965-diary-5754_20130314222540.jpg



茗渓堂の「山日記 1965 」 巻末に書かれている 名言。

「私は幾度か山日記をつけてみようとした。がその日の出来事を書こうとすると、その時は何だか馬鹿らしいような気がした。でも一寸した つまらぬことでも書きとめておくと、あとでその時のことを思い返す時、大へん役にたつものだ。」シプトン





「くもとり号」昭和41年(1966年) 6月5日


■古い記録を 整理していたら
昭和41年(1966年) 6月5日 の山行記録がでてきた。

三峰口 三峰ロープウェイから雲取山 石尾根経由 氷川(現在の 奥多摩駅)

まだ 若すぎる年頃、同じ年のM君との 2人での 山行。

今だったら 親が子供を連れて 子連れ登山などあるが 
その当時 幼い年頃の同じ年 二人だけで 計画・立案・実行した山行。

それにしても 幼い同士 怖いもの知らずで、よく こんな山行をしたものだと いまさらながら 感心。

■山登りに かぎれば やや早熟? というより その当時は なにごとにも 若くして チャレンジすることが 求められる 時代背景があったのだろう。

何事にも前向きに 若い人が のびのびと好きな事が出来る そんな 古き佳き時代だったのだろう。

■ 昭和31年の日本隊のマナスル初登頂をきっかけに大きく火がついたような登山ブームがおこってから10年余たった昭和41年当時には 登山は ブームから いよいよ本格的に 大きく定着し発展していた。

昨今、中高年齢層が主体となっているが、昭和41年 どこの 山々も 若者 ばかりで 占められて 山をのぼるのは 若い人 主体の時代であった。

幼い 私など登山ブームの流れで 知らぬ間に この潮流の中に 入っていったのだった。
■その昔 東洋一のロープウェイだった三峰ロープウェイも 今は廃止。

熊谷経由秩父鉄道だったのが 池袋から西武線もでき西武秩父へ。三峰神社へは 自動車道ができ 西武秩父からバスで神社まで登れるようになっている。

それに 雲取山ピークハントだけなら鴨沢から往復するのが一般的なのだろう。

■山は 時代とともに アプローチも便利になり 登り方も 変わって 山小屋も大きく立派になり 山小屋泊まりで 縦走する人もいるだろう。

いまと 昔と 比べてみて 山自体かわってないところもあるかもしれない。

が 登山者がどう登るかという点では より不便で より苦労の多い 昔のほうが よりチャレンジ的な要素が多く ワクワクした山行が楽しめた のは確かだ。

■三峰神社 雲取山 石尾根 氷川。 確かに 長い縦走路だ。

若くても ロングコースを厭わず チャレンジする この時の山行スタイルは 時代背景は変わっても その後の 現在に至る 私の山行スタイルにも 様々な形で引き継がれていくことにもなっている。



 この山行記録の拙い字句を みて 当時の記憶が あざやかに よみがえってきた。
(カメラは携行していないので写真なし)





■「くもとり号」

上野駅 始発 高崎線経由 秩父鉄道「三峰口」行

上野20時38分発

熊谷からは ガラガラ。寝ず。(一睡もせず)

三峰口 着 23:20

バスが まっていて すぐ乗り すぐ発車 40円

大輪 着 23:45
ここでも 少し雨が降っていた

5-6分 歩いて ロープウェイ駅につく

ロープウェイ 発車 220円高すぎる

山頂駅 24:00

大体 40人くらい 山頂駅に着く。

3-4のパーティーは 出発準備をしていた。

小雨

前に いく人の あとに ついて神社に向かった。道が少し 複雑だった。

24:30 神社の水飲み場でビバーク。寒い。小雨に濡れたためか。

風が強くなって 風下の 家の軒下へ移る。

結局 寝られたものじゃなかった。
他のパーティーは全部いってしまった。


■三峰神社 2:35 出発。ヘッドランプ無しで歩く。小雨は止んでいた。
月夜で明るいと思ってしばらく歩いたが やはり ヘッドランプだす。

道は 明瞭である。

妙法岳 分岐 3:10

霧藻ヶ峰 (4:00-4:15)だいぶ明るくなってきた。パッキングし直す。

お清平 4:25

 すばらしい 夜明け

前白岩5:00

わりと きつい登り途中 15分休憩

白岩山5:50
芋の木ドッケ 6:00
 だらだら道
大ダワ (6:25-7:20)朝食

■雲取山 山頂 (7:55-8:40)
しばらく休憩

雲取山荘9:00
 水筒に水つめる

石尾根に向かう 長いだらだら道

10:50-11:30 昼食

六ツ石13:10 きたない売店

途中 2回 休憩

■氷川着 16:00

駅に近づくにつれ 山道を 歩いていく 都会着の 地元の方に 追い越されていった。




titibu-5756_20130314222540.jpg

かつて 東洋一 今 廃止



スポンサーサイト
[ 2013/03/14 22:27 ] 自分の山歩き | TB(-) | CM(-)

山を完全に味わう

山を完全に味わう

-----------------------------------------------

「 山を完全に味わう

 山を完全に味わうということは
そんなに ムズカシイことなのだろうか?

・・・そう たしかに

その山を眺めているだけでは 無理かも知れない

・・・だからおれたちは氷の斜面を攀じ
岩壁の棚に泊まりながら
その山嶺に達しようと

努力しているのだが・・・ 」

『白い城砦』芳野満彦 著 1970年 あかね書房

-----------------------------------------------

山歩きを 貪欲に 楽しむ極意は 山を登るのに いかに 苦労して登るか どうかにある。

快晴無風の いい天気でトレース のしっかりついた コースを 人の痕跡のとおりに 登る 雪山 もよいが、それより厳寒の風雪のなか 底なしラッセル、低視程でルートファインディング に苦労して 登るほうが  同じ雪山を登るのでも 10倍以上に 山登りを貪欲に楽しみことができる。

たとえ 同じコースを登っても、より すくない労力で 楽して 登れば 苦労して登るのに 比べれば、えられる感動は とても すくなくなる。

できるだけ 多くの労苦をして 登ってこそ 山登りの楽しさを より 深く味わえるというものだ。

このことは 便利な 交通機関を使わず わざわざ 歩き遍路で巡礼するのにも よく似ている。

ただし 山のなかは 危険が いっぱい。

だから 山の危険を十分 認識し、自分の技量 体力 経験など勘案して、 自分の 登るスタイルをきめ 装備、 登るルート、コース の選択も慎重に判断し 綿密に計画を練り上げて、自分が 安全に登山できる 範囲内で山に登らなくてはいけない。

あくまで自分の範囲内で より 多くの 苦労をして 登ることで より多くの 感動を えられる。

振り返ってみれば いにしえから 山に登る者は 山のたのしさを求め いかに苦労して登るかに こだわってきた。

簡単には登れない より 難しいバリエーションを 困難を 求めて、すこしでも 難易度を高め 続けて きたのも、山を もっと もっと 貪欲に楽しもうと 努力し 続けてきたからだろう。

だが
ひとつ 山を こえれば また 山がある。
さらに その先にも やま また やま。
また その先にも さらに やまなみが連なっている。

一山越えて また一山

-----------------------------------------------


「 山なみ

見知らぬ山が
幾重にも 幾重にも
遠く連なる

白い大波のようだ

僕の瞳は まるで
土管のように
頭の中へ筒ぬけだ

山 山 また山
白い大きな波
その うねり

それらが
日本アルプスでもヒマラヤでも
僕は いっこうにかまわない

その太古ながらの
静謐な白い波 」

『山靴の音』 芳野満彦 著

-----------------------------------------------
[ 2012/02/24 21:30 ] 自分の山歩き | TB(-) | CM(-)

36年前の 冬の石鎚

冬の石鎚で思い出に残るのは

昭和50年2月9日 高瀑渓谷からの 石鎚山 日帰り。


今考えても よく 歩いたなと思う。

古い山日記を ひもといて みる。

 

36年前の 冬の石鎚の登山記録



------------------------------------
石鎚山(1982) 高瀑渓より往復
------------------------------------

【日時】昭和50年 1975年2月9日
【天候】 晴れ
【コース】 石鎚山 高瀑渓より
【同行者】なし 単独
【記録】前夜 トンネルの先の飯場跡まで車で入る。

7:30出発---11:00稜線 ---13:00弥山頂上---14:00稜線 下降点---16:30到着

高瀑渓からのルートは トレースなし。
この時の高瀑は ほぼ結氷していたが わずかに水流も。

高瀑の捲道が悪かった。

弥山から天狗岳へも往復。

山頂付近はロープウェイ利用の登山者がたくさんいた。

-------------------------------------

【参照】

■気象庁 剣山山頂測候所のデータによると1975年の剣山の積雪は

1975年1月22日 73cm
1975年2月23日 127cm

http://shumiyama.web.fc2.com/kisho/turugisan-1971-1980.html

http://shumiyama.web.fc2.com/kisho/turugisan-kisho.html


1975年 石鎚山の気象観測データは ないが、剣山の気象データから勘案すれば この年、特に少ない積雪量でもなかったようだ。


■ロープウェイ は昭和43年 1968年8月運行開始
■石鎚スカイライン土小屋は昭和45年 1970年開設

-------------------------------------


[ 2011/02/04 06:21 ] 自分の山歩き | TB(-) | CM(-)

はじめての石鎚

-------------------------------------
【はじめての石鎚】
------------------------------------

石鎚山。 はじめての登頂は昭和39年夏。

ロープウェイ 石鎚スカイライン 瓶が森林道など ない時代。

東之川から 瓶が森に登り 幕営2泊で 石鎚まで縦走し 面河に下山。

面河から 未舗装の山道を砂埃を あげるバスに揺られ峠を越え、道後平野に降り しばらくして やっと舗装道路。松山駅で汽車を待つ間に 駅前の食堂で満腹。

今 考えても 若い頃は 元気で よく歩いたなと つくづく感心。
-------------------------------------
[ 2011/02/04 06:19 ] 自分の山歩き | TB(-) | CM(-)

西熊山から下山

平成23年1月22日 西熊山(1815)。昼12時。


このまま縦走を続けるか どうかの 決断にせまられた。

1月16日の天狗塚敗退のあとの、再チャレンジとなった22日。

まだ暗いうちに久保を出発。天狗峠、天狗塚から牛の背をピストンし 天狗峠 西熊山へ やってきたものの、天候 積雪状態などによって 予定どおりにいかないのが 雪山の常。

 ここまでも 深雪にはばまられて 予定より遅れて、西熊山へ。 

 


 

■縦走の可否は その日の天候 積雪コンディションでの 所要時間 体力消耗度などなど いろいろな条件次第。


22日 西熊山山頂 までいたる間の 積雪量 雪質 などから判断し、西熊から三嶺、ふるさと林道、久保蔭経由 駐車地点へ戻るには、 あと 5-6時間かかると計算。

 

■冬の日は 短い。

あと 日没まで 5時間。

多分 ギリギリ か チョット 微妙なところの 判断となった。



 

■じつは こうした 判断ポイントが身についたのも、過去なんども 致命的な判断ミスし、下降 途中 暗闇におそわれ 痛い目にあっているからだ。


地形 ルート熟知しているつもりでも 天候 積雪状況によっては 暗闇での下降の行動は難儀で リスクが高い。


日が短い 冬季のころ 縦走するしないの 判断ポイントとなるのは 時間は11時 12時 13時 の現在地がどこで その進み具合を 慎重に勘案する。

手痛い経験から いかに 判断ミスなく 適切な 所要時間内に 適切に 安全に下山できるか 少しは知恵がつく。
 

■ともかく ひのあるうちに 駐車地点まで 確実に 安全に戻ることが第一。

これには 多少の時間的余裕も 大事だ。

というのも 時間的にも ある程度の 余裕を持って 行動することは 心に 「ゆとり」が出来て、落ち着いた行動がとれ 山をひろく みれて 山を楽しむことができる。


反対に 時間に追われるような 山歩きは 心に焦りがあり 視野が狭くなって 山を楽しむ 余裕もなくなってしまう。 こうした時 危険にであう確率が高くなる。

 



平成23年1月8日、三嶺から縦走してきて この西熊山で 縦走続行かどうか判断した。


1月22日は 天狗塚から縦走してきての 三嶺方面への縦走続行かどうか。


考えているうち ここで また 戦国武将、武田信玄 の言をおもいおこす


「勝負の事、十分を六分七分の勝は十分の勝なり。子細は八分の勝はあやふし。九分十分の勝は、味方大負の下地なり」

「六分で勝つ」 百戦錬磨の 戦国武将の極意。

そのまま 「三嶺まで行って 楽勝?」などと 山を軽く考えることのほうが恐ろしい。


■ここは すこし おさえて ゆっくり 山の楽しさを を味わっておこう。

結局 12時38分決断。

西熊山から下山。

 


[ 2011/01/27 07:02 ] 自分の山歩き | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。